バリューフェンスの樹脂製ウッドデッキ

ASA樹脂デッキ

バリューフェンスのバイナルデッキ・樹脂デッキ

ASA樹脂は耐候性ABSとも呼ばれる素材で、ABS樹脂にアクリルゴムを入れることで耐候性能をアップさせたものです。耐光性・耐候性・美観にすぐれ、屋外での使用にとても適したプラスチックです。 バリューフェンスのASA樹脂デッキはこのASAの特性を活かした美しい濃色のバイナルデッキです。


PVCは色褪せる
長年ご好評を頂いているバリューフェンスPVC樹脂デッキの色が淡色だけなのには大きな理由があります。 PVC樹脂は元々が白い色で着色料を混ぜて成型することが出来ますが、屋外では太陽の光ですぐに退色してしまう特性があります。 このためPVC樹脂デッキは退色しない淡さの製品のみを製作していました。


バリューフェンスのバイナルデッキ・樹脂デッキ 樹脂デッキ用クリップとカラー

品質そのままの濃色デッキ
2020年、日本国内に導入したASA樹脂デッキは、PVC樹脂デッキと同じ100%バージンPVCのソリッド芯材をASA樹脂でコーティングするようにくるんだ複合素材で出来ています。 バリューフェンスのASA樹脂デッキは、PVC樹脂デッキの良質な施工性や耐久性はそのままに美しいダークカラーをまとった待望のバイナルデッキです。

私達がバイナルデッキの取り扱いを開始した2010年当時にもASA樹脂デッキは存在していましたが、当時のASA樹脂デッキはとても納得できる製品ではありませんでした。 表面が妙に艶々して木の質感と程遠いだけでなく、側面を見るとそれはまるでチョコで包んだバニラアイスの断面のようでした。

濃色樹脂デッキの導入を目材して一時期は樹脂木デッキを濃色製品のターゲットにテストを繰り返しましたが、その品質の問題からどうしてもPVC樹脂デッキと同列に樹脂木デッキを取り扱うことが私達には出来ませんでした。

時が経ち、現在では本当に納得できるASA樹脂デッキを販売することが出来るようになりました。淡色ゆえにPVC樹脂デッキをご採用頂けなかった皆様にも胸を張ってお勧めできます。私達はこのことをとても嬉しく誇らしく思っています。


品番|AD58DB
バリューフェンスASA樹脂デッキ|L2438*W139.7*T25|ダークブラウン

販売価格:¥4,800-/1枚(税・配送費別)

バリューフェンスのバイナルデッキ 床板の施工方法

樹脂のウッドデッキ取付説明

① 1枚目のデッキを表面からビスを打って固定します。ビスの位置は中心よりも外側に1ヵ所(1列)です。 ちなみにバリューフェンスの樹脂デッキは下穴を開けなくても割れません。

樹脂のウッドデッキ取付説明

② 1枚目のデッキ側面の溝の奥まで専用クリップを差し込んで、ビスをデッキの上面程度まで打ち込んで仮留めします。 ビスは35mm~50mm程度の長さの軸細ステンレスコーススレッドを使用します。

樹脂のウッドデッキ取付説明

③ 2枚目のデッキをクリップに差し込んだら軸細のビットを着けたインパクトドライバーでクリップを完全に固定します。

樹脂のウッドデッキ取付説明

④ クリップが完全に溝の奥まで入るように2枚目のデッキ側面をハンマーで軽く叩いて入れ込みます。その後は②~④の作業を繰り返します。

樹脂のウッドデッキ取付説明

⑤ 最後のデッキを表面からビスを打って固定します。ビスの位置は中心よりも外側に1ヵ所(1列)です。

樹脂のウッドデッキ取付説明

⑥ 完成です。